2010年03月30日

<囲碁>中部総本部を閉鎖 所属棋士5人が引退(毎日新聞)

 関西棋院は24日、中部総本部(名古屋市緑区)所属の棋士6人のうち5人が引退するのに伴い、今月末で同総本部を閉鎖すると発表した。現役を続投する森川満夫六段(76)は、本院(大阪市中央区)に移籍する。

 中部総本部は1957年に発足。一時は二十数人の棋士がしのぎを削ったが、近年は所属棋士も減少し、高齢化が進んでいた。昨年、所属棋士のうち5人が引退を表明。プロ入りする若手の登場も見込めないことから、閉鎖を決めた。

【関連ニュース】
囲碁:橋本昌二棋士しのび「語らう会」
民主党:小沢幹事長と菅副総理 囲碁対局実現に政界が注目
囲碁:飛田さんが女流アマ選手権初優勝
囲碁:張栩が棋聖奪取 7冠制覇
囲碁:プロ棋士の卵 厳しい修練に耐え、夢は世界トップ

唐澤・原中両陣営、25日以降に役員候補発表(医療介護CBニュース)
後輩に「ボコるぞ」 恐喝容疑で中学生2人逮捕(産経新聞)
<築地移転>都知事渋々「予算執行は議会尊重」 論議再燃も(毎日新聞)
「キャバクラ労組」100人が歌舞伎町をデモ(スポーツ報知)
免許照会で元不倫相手の住所探る=米とみそ送付、巡査部長を処分−鹿児島県警(時事通信)
posted by フクシ トシオ at 19:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。