2010年06月07日

あの鋭い舌鋒どこに…新首相会見、物言い慎重(読売新聞)

 「重責を感じている」――。4日に誕生した菅直人・新首相(63)。トップとして臨んだ初の記者会見では、野党時代に国会質問などでみせた鋭い舌鋒(ぜっぽう)を封印した。

 鳩山政権が抱え続けた「政治とカネ」に対する国民の厳しい視線。米軍普天間飛行場の移設問題も解決の見通しは立っていない。約50分間に及んだ会見で、新首相は最後まで慎重な物言いを続けた。

 東京・永田町の民主党本部5階の会見室。約200人の報道陣を前に、午後6時から記者会見を始めた菅新首相は冒頭、サッカーの話から切り出した。

 「まずやらなければならないのは、サッカーで言えば岡田ジャパン……」。黒星が続くサッカー日本代表を引き合いに出したが、適当ではないと思ったのか、その後、具体的な話はせず、次に移った。

 「官邸の一体性を確保する」「議員、党員全員が参加できる党づくり」

 質疑に移るまでの4分間、政権立て直しへの決意表明は、慎重な言い回しで終始した。責任の重さを感じているためか、これまでの会見とは打って変わり、表情も硬いままだった。

 質疑では、鳩山由紀夫首相(63)との政策の違いや、小沢一郎幹事長(68)の処遇について、矢継ぎ早に質問が出た。ここでも、菅新首相は一つ一つ言葉を選びながら「皆さんの知恵を借りて決めたい」などと答え、具体的には語らなかった。

 普天間飛行場移設問題の質問には、沖縄に関する本を読み始めたことを明かし、「沖縄の歴史といったものを私なりに理解を深めている」と話すなど、沖縄県民への配慮をアピール。しかし、具体的な解決策については、「日米間の合意を踏まえる」と発言するだけで、「今日の段階で断定的にいつ、どうするということは申し上げにくい」などと明言しなかった。

 鳩山首相と小沢幹事長は、政治とカネの問題で説明責任を果たしていないと指摘されている。菅新首相は「襟を正した姿勢を示したい」と語るだけだった。

<岡田外相>イラン外相と会談 IAEA決議に従うよう要請(毎日新聞)
自民「痛い。鳩山首相のままの方がよかった」(読売新聞)
<無理心中>母親が飛び降り死亡 長男も 京都市伏見区で(毎日新聞)
「社民党とは賛成する法案では同じ行動をしたい」 首相会見(産経新聞)
<鳩山首相辞任>地元・北海道 落胆と失望(毎日新聞)
posted by フクシ トシオ at 20:08| Comment(31) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

普天間移設で課長級協議=日米(時事通信)

 日米両政府は17日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関する外務・防衛当局の課長級協議を外務省で開いた。週内に東京で開催される見通しの審議官級の実務者協議に先立ち、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)を移設先とする現行計画の修正や鹿児島県・徳之島などへの基地機能の移転について技術的な検討を行った。
 米側は12日にワシントンで行われた審議官級協議で、くい打ち桟橋方式による代替滑走路建設案はテロ攻撃の標的となりやすいなどとして難色を示しており、こうした点を再調整したとみられる。協議には日本側から外務省の船越健裕日米安全保障課長、防衛省の芹沢清日米防衛協力課長、米側からメア国務省日本部長らが出席した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

文化住宅火災で15世帯避難 未明の大阪・岸和田(産経新聞)
首相の沖縄再訪「23日軸」=滝野副長官(時事通信)
著作権法違反容疑 仮面ライダーに似たマスク販売 男逮捕(毎日新聞)
町長に共産党員の脇氏 富山・朝日(産経新聞)
【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(1)(産経新聞)
posted by フクシ トシオ at 17:27| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

福岡県警、携帯3社と全国初の防犯提携(産経新聞)

 各地域に展開する携帯電話ショップと連携しながら防犯力を高めようと、福岡県警は10日、携帯電話事業者3社と、県警の防犯情報メールの登録サポートなど、総合的な防犯活動で連携する「安全・安心に関する覚書」を交わした。包括的な防犯について警察が携帯3社と提携するのは全国初という。

 覚書を交わしたのは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3社。同県内の計436店舗で、県警による防犯情報のメール配信サービス「ふっけい安心メール」の登録を無料サポートする。

 そのほか、子供や女性など街頭犯罪の被害者らが駆け込める「110番の店」として活動。県警からも、新手の振り込め詐欺事件の手口など、携帯電話が悪用されやすい犯罪の情報を定期的に3社に提供し、不正契約の早期発見をめざす。

 この日、県警生活安全部の白石幸一部長と各社の代表が覚書に調印。白石部長は「広く普及した携帯電話を防犯に役立ててもらうことで、安全、安心な福岡をつくっていきたい」とあいさつした。

【関連記事】
徳島県が防災・安否確認「すだちくんメール」開始
地震速報機付き自販機登場 新潟
静岡・浜松市の防災メール、外国語登録33人のみ
防犯対応機能充実 「マモリーノ」発売 KDDI
電車内の防犯カメラ、賛成か反対か 小宮信夫氏、水野正氏
少子化を止めろ!

<谷亮子>参院選出馬 「二足のわらじ」に危惧も(毎日新聞)
中大で替え玉受験 合成写真見抜けず、合格取り消し(産経新聞)
高浜原発で冷却水漏れ=2号機配管溶接部から−福井(時事通信)
<ひこにゃん>商標使用は有償に…滋賀・彦根市(毎日新聞)
岡山の運送会社を捜索 山陽道GW渋滞3人死亡多重事故(産経新聞)
posted by フクシ トシオ at 07:45| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。